いつの頃からか、

気づけば手持ちのアイテムがほぼブラウンに…。笑




_D1A7765.jpg





使うほどに味わいが増す革製品、

目にするとついつい手に取りたくなってしまうのです。
スポンサーサイト

IMG_0296.jpg







作品制作時の必需品。



さわやかなグレープフルーツとハーブの香り。

頭の中がスッキリクリアになる感じ。





IMG_0297_201309021501293e9.jpg








もう何度目のリピになるかしら…?





きっとこの先も心変わりすることはないだろうと思い、

今回は思い切って大きいサイズを。








IMG_0298.jpg







はぁ~、

さわやか~ん❤


          017 (4)

一目惚れ。

いろもかたちも。

いっぱい買っちゃった。



010 (4)

「あお」なのに、

青だけじゃない。




014 (4)

「ちゃ」なのに、

茶だけじゃない。





そして手触り。

ざらっとしてるのに、

くちびるに心地よい。

012 (5)




こんなところまで愛らしい。

013 (4)





Teaの方にはこちらでお出しします。

020 (2)

「あお」や「ちゃ」に比べて若干背高。



紅茶って、

たっぷり注ぐイメージ。


喫茶店とか行って、

こ洒落たティーポットで出てくると、

たいてい2杯分くらい入ってる。





持ち手の曲線が、

指に優しい。

019 (3)

持ちやすくて、しっかりおさまる。




この子もちゃんと、

018 (4)

白だけじゃない。




ぽっちゃりさんなこのフォルムが、

たまらなく好き。

021 (3)







松塚裕子さん。

とっても繊細なのに、

どこか力強い。



物作りに対する、

信念、こだわりが、指先からひしひしと伝わってくる。




焼きもののことはよくわかりませんが、

きっといくつもの工程があって、

その中で、

こだわりゆえに世に出ることなく消えていく作品なんかもあったりして…。



そんないくつもの難関をくぐり抜け、

無事認められたこの子たちは、

またたくさんの人の手でここまで運ばれてきた。

そう思うと、胸が熱いです。



私の元に来てくれてありがとう。






自分が物作りをするようになってから、

手作りに弱いです。


同じように見えるこのカップも、

一つ一つ微妙に大きさが違って、

どのこもみんなオンリーワン。






レッスンでお出しする特別なカップが欲しくて、

ずっと探していました。


「Lazo専用カップ」


なかなかお気に入りがみつからなくて、

何度も妥協しそうになったけど、

見つかってよかった…。












「いつか必ずソーサーも!!」





022 (3)
娘が、クローゼットの中から懐かしい物を引っ張り出してきまた。


ほんの一部ですが、
わたしが子供の頃に集めていた消しゴムコレクション。








↑よく、ペンシルキャップの中に入ってるあれ。


↑ぶたさんのお尻はスタンプになってます。


↑パズル消しゴム。年季入り過ぎて若干黄ばんでます。^^;


↑セットものにも弱い。


↑家宝のたこ焼き消しゴム。非売品です。




小学校3年生~6年生くらいまで、

お小遣いのほとんどが消しゴムに消えてました。

娘たちから「ちょーだいちょーだい!!」の嵐ですが、

ごめんよ、これはあげられない…。←大人気ない。笑



もう20年も経つかぁ…。

集める物は変わってもコレクターの血は健在です。
またまた。。CON MIEL。

022+(2)_convert_20130110095056.jpg



在庫が減ると、焦るのです。



024+(2)_convert_20130110095026.jpg


もはや中毒…。





はちみつも気になるなぁ~。 → GRANJAPONさん。

| main | next »