FC2ブログ
自宅の庭の一角で、ちいさな家庭菜園をやっています。

夏には、ミニトマト、ピーマン、きゅうり、なすなど、

いろいろ作ってみましたが、

お野菜を育てるのも奥が深いですね。

なかなか思うように行かず、試行錯誤しております。

今年の夏には、段ボールコンポストでたい肥作りに挑戦しました。

作り方は簡単で、

「ピートモスともみがらくん炭を混ぜたものを段ボールに詰め、

毎日生ごみを投入し、毎日かき混ぜる。

これを3ヶ月ほど続け、その後熟成させると肥料になる。」

そうです。


我が家は投入期間が終わり、今は熟成の途中で、

もうすぐたい肥ができあがります。


それを使って何かおやさいを・・・。

と思い、1週間前に玉ねぎの種をまきました。*^_^*



まずは卵のパックで育苗。

玉ねぎは明るいと発芽しにくいそうで、しっかり土をかぶせ、

発芽するまでは、土が乾かないように適度に水やりした方がよいそうです。



そして、発芽した玉ねぎの赤ちゃんがこちらです。

001_convert_20110926131248.jpg

ちっちゃくて可愛い~^^




ちなみに玉ねぎには、早生品種と中晩生品種とがあり、


・早生品種は、早い時期に収穫できるが、貯蔵性が劣る。

・中晩生品種は、実の肥大する時期が遅く、収穫時期も遅いが、
 
 貯蔵性に優れる。


そうです。



我が家はお料理に玉ねぎをよく使うので、迷わず貯蔵性重視の中晩生品種で。^^ゞ

玉ねぎを育てるのは今回が初めてなのですが、

上手に育てられるかしら。
スポンサーサイト



| main |