FC2ブログ



材料やさんで見つけた、

アネモネのドライフラワー。

綺麗な青紫色に一目ぼれ。



「ハーバリウムにしたらきっと可愛い♪」

といそいそと連れ帰り、

早速作ったのが6月の終わり頃。


LZ5_4089.jpg


思った通り!

透き通るこの青紫。

きれいだなぁ…、

今までの中で一番お気に入りかも♪




なんて思っていたのに・・・




9月の終わりにはこんな状態に。


LZ5_0742.jpg



ふと、

「そういえば、材料屋のオーナーさんもアネモネで作ったって言ってたっけ」

と思い出し、後日訪れた際に尋ねたところ、

「うちのはあんまり変わってないよ~。」

と見せてくださり、「うん、確かに」。

なんでだろうね~と二人で首を傾げてしまいました。




過去に作ったものを見てみても、

プリザに比べてドライの方が色あせが早いかな~

という感じはあったのですが、

ここまで変わってしまったのはちょっと衝撃。

何が原因なのだろう…

とってもとっても気になります。





ドライだからというわけではないようで、

同じ時期に作ったこちらのデルフィニウムは、

LZ5_4059_2018092813581354c.jpg



多少にごりや色あせはあるものの、

9月末時点でこんな感じ。



LZ5_0746.jpg



光の感じなど、

撮影条件にだいぶ違いがあり分かりづらく申し訳ありませんが、汗

アネモネほどの変化は見られません。





ちなみに、プリザの場合はというと、

こちらは今年の2月に作った子たち。

LZ5_0747.jpg



少しオイルがくすんできたかな?

という感じは正直ありますが、

半年以上たった今も現役で飾れます。




明るいところだと、

まだまだこんなに綺麗。

LZ5_0755.jpg




アネモネの変わりようには疑問が残りますが、

作った物を単純に比べると、

やはりプリザの方が持ちが良いのは確かなようです。



一般的に「半年~1年」と言われている観賞期間。

個人的には、

ドライ・・・3ヶ月~半年

プリザ・・・半年~1年

かな、と感じました。







―――*―――**―――***―――**―――*―――



ナチュラルスタイルのプリザーブドフラワー教室

岐阜県羽島市堀津町

FlowerFactoryLazo 

主宰 仁田原はるな

Mail:info@lazopre.com


**************************************


↓LazoのWebShopです。
プリザーブドフラワー専門店 FlowerFactoryLazo


↓毎月のレッスン情報はこちらのHPでご覧いただけます。
岐阜/羽島 プリザーブドフラワー教室 FlowerFactoryLazo









スポンサーサイト

| main |