FC2ブログ




雨の朝。

今日は、家族で初詣に。



例年は三が日のうちに行くのですが、

冬休み明けに長女の実力テストと期末テストが控えていたため、

今年はそれらが終わってから行くことにしたので

ちょっぴり遅めの初詣になりました。




主人の勤務する会社の近くにある、名古屋の洲崎神社。

お参りをして、

今年後厄に当たる主人と、高校受験を控えた長女は、

厄除けと合格祈願のご祈祷をしてもらいました。

合格祈願は現在通っている中学校名と

希望する高校の学校名を祝詞に組み入れていただけるのですが、

いざご祈祷が始まり、

「どうか受かりますように・・・」

と願いながら神主さんの読み上げる祝詞を聞いていた時、

先日のレッスンで同じく受験生のお子さんを持つ生徒さんが言った

ある一言がふっと脳裏に蘇りました。



「子供もやるだけのことはやってきた。

もしも希望する学校に行けなかったとしても、

それはもうそちらの道に進んだ方が、

その子の未来にとって良いということなんだと信じる」



そっか、そうだよね。

神様、どうか娘に良きお導きを。




帰り際に家族みんなで引いたおみくじ、

せーので開くとそろいも揃ってみんな「吉」。

ある意味すごい。笑




平凡でいい。

今年も家族みんな、健康で楽しく過ごせますように。




*******************





娘が中学生になってからあまり親と出掛けなくなり、

時期を同じくしてカメラの仕事を始めた私は、

週末に撮影や出張で家を空けることが多くなり、

主人と休みが合わなくなることもしばしば。

気づけばこの2年間、

家族で出かけることがほとんどなくなっていました。

そして自宅で仕事をしているがために、

メリハリなく休みの日も家で仕事をしてしまったり・・・




久しぶりにした家族でのお出かけ、

楽しそうにはしゃぐ子供たちの顔を見ていたら、

大切なことを疎かにしてしまっていたかもしれない・・・

と少し反省。

今後の自分の働き方を見直すいいきっかけになりました。




2年前に父が亡くなった時、

父がくれたこの命を、人生を、大切に大切に生きようと思った。

それまで「自分の親は長生きする」ものだと勝手に思い込んでいました。

だけどこんなにもあっけなく終わってしまうことがあると知り、

それはわたしとて例外ではないのだと。



一度しかない人生だから、自分の理想を追いかけたい。

けれど今しか過ごせない愛しい時間がある。

大切なものを見過ごしてしまわないように

うまくバランスをとりながら、

仕事も家族の時間も充実させていきたいです。





スポンサーサイト



| main | next »