FC2ブログ

失敗は学びの宝庫。

2015年06月08日
日々の事 0


あ~あ、

二人して忘れていったなぁ。




IMG_0558.jpg

毎週月曜日にもって登校することになっている赤白帽。



子供たちが出かけてしばらくしてから気づき、


「長女は今日、体育があったなぁ…。」

「たしか、掃除の時間もかぶってたような…。」

「今から追いかけたら間に合うかも!」

など、いろいろ頭をよぎりました。





でも待てよ?ここで私が届けたら、

子供たちは何を学ぶだろう?



「今度からは気を付けなきゃ!」

もしかしたらそう気づくかもしれない。



けれど、

「もし忘れ物をしても、お母さんが届けてくれる」

そう思ってしまう可能性もある。

いやむしろ、その可能性の方が高いのでは。




***************************************




まだ長女が1・2年生の頃、

今日と同じように忘れ物をし、

届けなかった私に学校から帰った長女が、

「なんで届けてくれなかったの!?」

と言ったことがありました。




「それは違うでしょ?」

と説明するも、

「だって○○ちゃんのお母さんは届けてくれてたもん!」

と。



その時は、

「まだ低学年だし、『一緒に持ち物の確認を』とお便りにも書かれていたし、

これは私も悪かったかな…。」

と思ったのですが、

「じゃあ、いくつになったら確認をやめればいいの?」

との疑問が私の中に残りました。




***************************************





そして今日。

長女はもう六年生なので自己責任としても、

次女はまだ一年生。




どうするべきか…。




その時ふと、あの時の長女の

「なんで届けてくれなかったの!?」

を思い出し、

走って追いかけたい気持ちをぐっと押え届けるのをやめました。




「忘れて困るのは自分。

だから準備はしっかり確認しなきゃ。」

それを小さなうちから学んでほしい。




今回は帽子だったから自分が困るだけだけれど、

この先グループや班ごとに分担された持ち物なんかも出てくるかもしれない。

そんな時、みんなに迷惑をかけないためにも今のうちから。




いずれ社会に出る時に備え、

自分でできる力と自信を養うためにも。





特に長女は思春期で口うるさく言っても聞かないうえに、

最近大好きな読書にはまり込んでいて、

寝る前に慌てて時間割をはじめたり、

朝起きてから取り掛かるという悪習慣も続いていたので、

「時間に余裕を持って準備しなさい!」

という戒めの意味も込めて。笑




自信を付けるのに必要なのは成功体験だとよく聞きます。

今回は失敗を体験したけれど、

これが糧になって次は成功体験へと繋がる。

そしてそれの積み重ねが、自分を信じる力(自信)へと繋がるのだろう。







***************************************







気づけばこんなにもすり切れていた長女の帽子。

IMG_0557.jpg

娘たちよ!

たくさん失敗して、

いっぱい学んで、

立派なたくましい大人になるのだ!





関連記事
スポンサーサイト



Lazo
Admin: Lazo
Flower artisan
FlowerFactoryLazo主宰
ジャパンプリザーブドフラワーアカデミー認定岐阜校
<Lesson> 岐阜羽島
<Atelier> 岐阜市美殿町 まちでつくるビル
Flower lesson,Wedding flower,Order gift,and more…

Comments 0

There are no comments yet.