FC2ブログ

学び。

2013年03月04日
日々の事 0
002 (6)




絵本。

長女の時はいっぱい買ったけど、

それがあるから次女にはあまり買ってあげていなくて。



でもありがたいことに、

次女の園では週末に本の貸し出しがあります。



ただ先週は、

土、日に保育園と子供会の役員の仕事があってバタバタしていて、

本を読んであげられてなくて。



今朝登園準備をしていたときに、借りてきていた本を見つけ、

今日返さなくてはいけなかったため慌てて一緒に読みました。



「ぼくにもそのあいをください」



通っている歯医者さんにこのシリーズの本が置いてあり、

これも読んでみたくなったのだとか。





絵本を読む際、

次女が喜ぶためお調子者なわたしは、

よそ様には見せられないほど芝居がかった読み方をします。

例によって今朝も…。




最初はなんてことなく読んでいたのに、

この本、反則だ…。

途中から涙声になって、

ぽろぽろ涙止まらない。

挙句の果てには次女におろおろ心配させてしまう始末…。





大まかな内容は、

「世の中で何が一番強いか」

を問うもの。





他をねじ伏せる力ではなく、本当に強いものは何か。

そしてこの世で一番尊いものは何か。








近頃のわたしの悩み。

「子供のやること、先回りして口出し過ぎじゃない?」

ってこと。




時間に追われてだったり、

出かける都合でだったり、

親の都合でだったり…。


忙しさにかまけて、

「ああしなさい!こうしなさい!早くぅ~!」

と口うるさく言ってしまうことは、

大げさにいえばこれに当てはまってしまうのかもしれない。



大人って、

いくら親子であっても、

小さな子供から見たら大きくて怖い存在かもしれない。

もっと尊重して、

大きな愛で見守らなければ…。



それに言えないだけで、

「大人の都合だけでせかされるなんて、子供はたまったもんじゃないよ~。」

って内心感じてるかもな。-ω-;



たとえ親子であっても、

そこは協力を求めるべきで指示していいわけではない。

それに口で言って聞かせるよりも、

子供のやることを黙って見守り、

必要であれば「見せて教える」べきなのだと猛省しました。





本には本の神様がいて、

今の自分に必要なものを神様が手に取らせていると思う。

(前にもこんなこと書いた気する。^^;)





先日のお雛さまにしてもこの本にしても、

いまの私に必要なのはこれなんだよって、神様のお告げかな。

世の中ってほんとによくできてる。




反省します…、すいましぇん。TωT
関連記事
スポンサーサイト



Lazo
Admin: Lazo
Flower artisan
FlowerFactoryLazo主宰
ジャパンプリザーブドフラワーアカデミー認定岐阜校
<Lesson> 岐阜羽島
<Atelier> 岐阜市美殿町 まちでつくるビル
Flower lesson,Wedding flower,Order gift,and more…

Comments 0

There are no comments yet.