FC2ブログ

トマト職人。

2014年06月22日
家庭菜園 0
放置よろしく、

けなげに育つ我が家のトマト。







5月頭に、

「今年もやります!!」

などと元気に叫んでおきながら、

経過報告に気づけばひと月半も空いてしまっていましたっ。汗







しかしご安心ください!

ご報告はできておりませんでしたが、

ちゃんとお世話は(そこそこ)していましたからね、

順調にすくすくと育っておりますよ~。






IMG_4730.jpg

ぷりっぷりの大玉トマトさん、第1果。







       4732.jpg

ミディの第1花房も、まま順調。








そして毎年のことながら、

私をトマト職人かのような気持ちにさせてくれる、

心強い味方、ミニトマトさん。

4733.jpg

ことしの品種は「アイコ」にしてみました。

Lazo菜園では初めて育てる新顔。







これは第2花房の様子。

あぁアイコ…、君はなんて優秀なんだ。

この美しい実つき、ほれぼれだよ。

       4734.jpg

鈴なりまくり。







4736.jpg

そろそろ収穫できそうな感じの子もいます。






どの子もこまめに脇目を摘んで、

1本立ちで育てます。







で、もう一つ。

ホームセンターで一目ぼれしたこの子。

       4737.jpg

黒いトマトが成るとのことで興味本位で購入したのですが、

しかしこれがなかなかどうして、

いまいちうまく育ちません。

       IMG_4743.jpg

第1花房のお花がほとんど落ちてしまって…。

かろうじて第2花房のお花はもっていますが、

他のトマトに比べて幹もほっそりだし少し心配です。







トマト職人のプライドが折れそうです。←いつからトマト職人?






今年は、トマトの隣にコンパニオンプランツのバジルを植えました。

トマトは南米のアンデス高原地帯が原産地で、

そのような雨の少ない地域で美味しく育ちます。

バジルは水分をたくさん要するので、

隣に植えておくとトマトが余分な水分を吸ってしまうのを防いでくれるそう。

       4738.jpg

お味もトマトと相性がいいので、

お料理の際にも一緒に使えて一石二鳥。






真夏になったら、

トマトとバジルの冷製パスタを作るんだ~♪

あ、考えただけでよだれが…。







こちらの黄色い可憐なお花はきゅうりさん。

       4739.jpg

Lazo菜園では毎年収穫量が少なく、

もう若干苦手意識すら芽生え始めています…。

しかーーーし!なんとしても「でこきゅう」を作りたくて、

今年もリトライ。







ただ残念なことに、

今んとこまだ結実してません…。






「そういや、こないだ見たとき、

 お隣さんちにはもう大きなのが数本ぶらさがってたなーーー。(TωT)」(遠い目)








い、いやいや!

まだ分かりませんよ~!

そのうちきっと我が家も!








そしてこちらは去年の収穫こぼしが勝手に自生したらしい、

ラッカセイ。

       4740.jpg







そしておまけの1枚。

こちらは、

1年生の時に学校の授業で育て収穫した種を、

4年越しで撒いた朝顔。

4741.jpg

そうやった~。

朝顔の双葉ってこんなんやった~。

懐かしい。





今年もLazo菜園、にぎやかです。^^*
関連記事
スポンサーサイト



Lazo
Admin: Lazo
Flower artisan
FlowerFactoryLazo主宰
ジャパンプリザーブドフラワーアカデミー認定岐阜校
<Lesson> 岐阜羽島
<Atelier> 岐阜市美殿町 まちでつくるビル
Flower lesson,Wedding flower,Order gift,and more…

Comments 0

There are no comments yet.